自分でルールを作ってその通りに取引を行なう

f2sdf

基本の外国為替取引とは、始める前にしっかりと投資計画を立てて、投資を始めたら、その計画に則って取引を行なうことです。しかし言うは易し、行うは難しで、実際にはそこに人間としての気持ちや感情が混ざってきて、特に初心者のうちには、そのとおりにできません。そして多くのトレーダーたちは、その気持や感情を抑えて、当初の計画通りの投資をするために、いろいろな工夫をしてます。その代表的な例が、システムトレード、いわゆる自動売買です。システムトレードでは、あらかじめ決めたルールで、あとはコンピューターが自動的に売買を行なうので、そのままにしておけは、一時的な感情や気持ちが入る余地はありません。また最近では、FX業者が簡単な設定と操作でシステムトレードができる取引システムを用意している場合もあり、そのプログラムまで用意しているところもあります。また少し勉強すれば、自分でプログラムを組むことも可能です。

しかし無料EAが使えるMeta Traderを利用したシステムトレードなどと大げさなことをしなくても、もっと簡単な方法で、より確実なトレードをしているトレーダーもいます。一例を上げるなら。ストップウォッチを使ったトレード方法です。これは、あらかじめ決めた利食いや損切りの投資計画にプラスして、時間的な要素によるルールを加える事で、より確実にトレードを行う方法です。

おすすめWEB: 金融派生商品.com

具体的な例では、ポジションが含み益の時、あるいは含み損の時に時間制限を与えて、その時間が来たら強制的に決済をするというものです。取引画面を眺めていて、含み益、あるいは含み損が出ているときは、何かと落ち着かない気持ちになるものです。そしてその落ち着かない気持ちが、いずれ感情的な取引につながってしまうのです。しかし時間的な制限を与え、その時間になったら自動的に決済をしてしまうことで、利益も損失も確実に確定できるようになるのです。また含み益が出ているときは、制限時間を作るのではなく、逆に猶予時間を与えることも有用です。一定時間がくるまでは、はやる気持ちを抑えて、利益確定をしないことで、より大きな利益を狙うのです。

時間制限をどれくらいにすれば良いのかは、一概には言えませんが、基本的な考え方としては、ポジションが含み損の場合には、できるだけ早めに損切りをする、そしてポジションが含み益の時には、長めに持つことです。利食い、損切りラインに時間的な要素を加える事は、より確実な取引の運用に、大きく役立ちます。